Googleしごと検索とは

Googleで求人情報を検索するとこんな感じで表示されます!

 
仕事やバイトを探す時、求人ポータルサイトを利用して検索する人が多いでしょう。また、募集する側も自社サイトに求人ページを作るだけではなく、ポータルサイトに掲載するのが一般的だと思います。最近ではIndeedが圧倒的のようで、掲載数も膨大なため有料プランでないと上位表示はされない。テレビCMも大規模に行われており知名度もかなりのものです。
 

そこにGoogleが参加してきました。

Googleが求人情報に関する検索に対して、求人情報を表示してくれるようになりました。膨大な数の求人ページが自由な書き方・構成で好き勝手に作られているとさすがのGoogleでも求人情報を検索するのは難しい。そこで、一定のルールに則った記述を求人ページに入れたら、職種や地域などから検索してくれるというものが「Googleしごと検索」です。そして、その一定のルールが「構造化データ」です。


 

しごと検索は、広告や有料サービスではありません。通常の検索なので無料です。

 
しごと検索に表示されると、その詳細から自社の求人ページへリンクさせることができます。求人ページに詳細な情報を記述して、フォームなどで応募も受け付けられるようにしておけば、求人ポータルサイトが介在しません。
 
indeedやエン・ジャパン、バイトル、フロム・エー、タウンワークなど、いろんなサイトを行ったり来たりしながら探さなくても、Googleで検索した条件でいっぺんに確認できます。
 
今は、求人サイトに掲載されている情報ばかりが表示されている状況ですが、これは求人サイトはその道の専門ですから、早くからこのGoogleしごと検索の情報を得て対応してきたからでしょう。一般のサイトの求人ページでは、まだその多くが対応していないからと思われます。いち早くしごと検索に対応すれば、競合が少ない今がチャンスではないでしょうか。今後一般的なサイトなども構造化マークアップに対応することで自社の採用情報を検索結果に掲載できるようになるかもしれません。

構造化データ

  

BiNDで作るページに、どのように構造化データが入っているのかを確認してみます。

構造化データテストツール

 
構造化データテストツールを使ってjobposting1のページをチェックしてみました。正しい構造化データになっているため、エラーや警告がないことが確認できました。
 

※音声なし

ソースから構造化データを見てみる

 
求人情報のページにどのようなカタチで構造化データが入っているのか、htmlソースから確認してみました。
 

※音声なし